ジャイアンツアカデミー

指導内容

ジャイアンツアカデミーは、プロ球団が年間を通して子どもたちに野球を指導する新しいタイプの野球スクールです。読売ジャイアンツのコーチ経験者と選手OB、大学での豊富な競技経験を持つスタッフが指導にあたっています。子どもの発育発達に合わせ、野球の基本技術を無理なく、楽しく学べるよう独自のプログラムを提供しています。


  • 巨人軍のコーチ・選手OBと、教員資格を持つ硬式野球・ソフトボール経験者によ る指導
    全スタッフが日本体育協会のジュニア指導ライセンス取得
  • 都内を中心に各地で開催
  • 子どもの成長に合わせた指導プログラムの実施
  • 少人数制による手厚いフォロー
  • 週1回、年間を通じた定期的指導の実施
  • 個々の習熟度を把握し、それに応じた練習メニューの実施
  • 多くの仲間との出会いや、あいさつや礼儀などのマナー指導
  • 栄養・トレーニングセミナーを通じた幅広い知識の獲得



指導内容

ジャイアンツアカデミーでは、5歳から12歳までの子どもを4つのコースに分け、楽しみながら野球の基本技術を学べるよう、段階的に指導していきます。
各クラスの目標、主な指導内容は以下の通りです。

幼児コース 5-6才 小学1.2年生コース 7-8才 小学3.4年生コース 9-10才 小学5.6年生コース 11-12才
 
目標 試合に必要なプレーを覚える 応用

投げる(ピッチング)

体全体を使い、力強いボールを投げる
2人組でキャッチボールをする
   
守る(捕って投げる)

各ポジションごとのプレーをする
ダブルプレーをする
中継プレーをする
コーチが投げた(または打った)ボールを捕り、各塁送球する
打つ

コースや高低に合わせて打つ
コーチまたは子どもが投げたボールを打つ
   
走る(ベースランニング)

複数の走者がいるときの走塁をする
コーチが打った打球を判断して走る
   
試合の形式

塁間(23m) 投手(14〜16m)
走者はリードあり、盗塁あり
3アウトで交代
投手、捕手はコーチ
得点は走者が本塁に戻ったら1点入る
試合の形式

軟式ボール
金属バット
   

小学5.6年生コース 11-12才 小学5.6年生コース 11-12才 小学5.6年生コース 11-12才
【写真提供:オールスポーツコミュニティ】

※ 全員が投手、捕手、内野、外野の練習を行い、ポジションは固定しません。
※ 同じクラスでも個人の習熟度、体力に応じて指導を行います。
※ ケガの予防と運動能力(筋力、敏捷性、柔軟性、コーディネーションなど)の向上を目指して、からだづくりのトレーニングも野球の練習と並行して行います。