ニュース

新任コーチ紹介

4月から3名のコーチが加わりました。
よろしくお願いいたします。

古本めぐみ(こもと・めぐみ)
komoto
小学校1年生から野球を始め、13年間野球を続けてきました。高校時代は、親元を離れ女子硬式野球部に所属し、全国制覇を果たしました。
今までの野球経験を活かし、子どもたちの個性を大切にしながら、ひとりでも多くの子どもに野球を好きになってもらえるよう頑張ります。

金子大志(かねこ・たいし)
kaneko
最近はボール遊び禁止の公園や施設が多く、子どもたちが遊べる場所が少なくなっています。アカデミーでは、思い切り身体を動かしてもらって、野球の楽しさを存分に味わってください。これまで選手、指導者として経験したこと、またアカデミーの研修で得たことを活かして指導していきます。

阿部傑(あべ・すぐる)
abe
高校、大学時代は硬式野球部に所属し外野手、投手としてプレーしました。また、大学では指導者を目指し、児童の発達・発育について学びました。
自身の経験と学び得た知識を基に、子どもたちに野球の楽しさを伝えられるよう努力して参ります。

倉俣新校長就任

2018年度より倉俣副校長が校長に就任しました。

<倉俣校長より>
野球は仲間とやるスポーツですから、たくさん友達を作ることができ、協力してプレーする楽しさがあります。
また、ボールを投げる、捕る、打つ、走るなど、さまざまな動きが必要になるので、運動神経がよくなります。いろいろ考えてプレーをするので頭もよくなるかもしれません。
アカデミーのコーチは知識、経験が豊富ですから、指導内容をよく聞いて、練習に励んでください。質問もいつでも受け付けています。
上手になるには毎日のようにボールに触れた方がよいでしょう。まずは野球を楽しみ、いずれは高い目標を持ってがんばってください。
校長になりましたが、引き続き毎日グラウンドで指導に当たります。よろしくお願いします。

入校式でのあいさつ

入校式でのあいさつ

笹本校長退任

2017年度末で笹本校長が退任となりました。
笹本校長は現役引退後、長く球団職員としてチームに貢献し、3年間アカデミー校長を務めました。
3月27日の修了式、30日の修了イベントが最後の仕事となりました。

<笹本校長より>
長く野球に関わってきましたが、アカデミーで指導することになって、これまで自分が自己流でプレーしてきたことを痛感しました。野球の基本を改めて考えることが多く、自分ももっと上達できたのではないかと思います。
アカデミー生の皆さんは、しっかり学んで基本を身につけてください。卒業する6年生は、野球の楽しさを忘れず、それぞれの目標に向かって頑張ってください。

修了式でのあいさつ

修了式でのあいさつ

修了イベントでのあいさつ

修了イベントでのあいさつ

20180330

今回の修了イベント(対抗戦)は足立スクールが優勝しました。

松下コーチ退任のご挨拶

幼児コースを担当した松下舞子コーチが3月で退任することになりました。

<松下コーチより>
みなさんこんにちは。
3月いっぱいでジャイアンツアカデミーのコーチを退任することなりました。
直接ご報告・ご挨拶ができなかった会員、保護者のみなさん申し訳ありません。

私はこれまで5年間指導にあたりましたが、そのなかで特に意識していたことは、「子ども達にからだを動かす楽しさ、野球の楽しさを体感してもらうこと」、「野球ができるだけではなく、礼儀正しい子になってもらうこと」です。
これらは子ども達の今だけを考えているのではなく、未来を考えてのことです。
話がしっかり聞けなかったとき、挨拶を疎かにしたときには、幼児コースであっても注意をしたり、やり直しを行ったりもしました。厳しいときもあったかもしれませんが、このような想いがあったことをご理解いただけると幸いです。

退任する理由は、12月に入籍をし、4月から東京を離れるからです。
アカデミーコーチに就任した頃は仕事が楽しくて、それまであった結婚願望も一度消え去りました。しかし、スクールを通して多くのご家族と出逢い、「家族っていいな」、「子どもってやっぱりかわいいな」、「子育てって楽しそう」と思うになりました。結婚することができたのは会員のみなさんのおかげです。
matsushita
子どもたちのキラキラした笑顔や、真剣な眼差し、競争や試合で負けて悔しそうな表情、一つひとつ鮮明に思い出します。この5年間の思い出は私のかけがえのない宝物です。

これからもみなさんのことを心から応援しています。いつかプロ野球選手になったら松下コーチを招待してください。
会員、ご家族のみなさまをはじめ、多くの方にお世話になりました。ありがとうございました。

古城コーチ退任のご挨拶

古城茂幸コーチが4月から巨人軍スカウトに就任し、3月でアカデミーコーチを退任することになりました。

<古城コーチより>
この4年間は、子どもたちと野球に取り組めるとても楽しい時間でした。そんな子どもたちの笑顔や真剣なまなざしをいい思い出として、自分の胸にしまいながら、これからは巨人軍のためにも、プロ野球選手として力を発揮できる選手を見つけていきたいと思います。
保護者の皆様には、少しでも長く野球を続けていける環境を子どもたちに与えて頂き、温かく見守ってあげてほしいと思います。今までありがとうございました。
furuki1

2017年度後期会員セミナーを開催しました。

 1月21日(日)文京区民センターにて「2017年度後期アカデミー会員セミナー」を開催しました。前半では、「野球肘とはなにか。親子で取り組む障害予防。」をテーマに国立病院機構徳島病院整形外科医である柏口新二氏をお招きし、野球肘について講義をしていただきました。
CIMG8378
 後半は、JCHO東京新宿メディカルセンター、特定非営利活動法人日本スポーツメディシンのご協力のもと、理学所見(診察)・エコーによる画像検査・自宅でできるストレッチングの指導が行われました。
CIMG8394
メモをとりながら熱心に話を聞く参加者が多く、ストレッチングの指導を受けて「家に帰ったらもう一度、自分でやってみようと思います。」という声もありました。
CIMG8407
 講演内容と当日行ったストレッチの資料を紹介いたしますので、是非ご覧下さい。
「野球肘とは何か。親子で取り組む障害予防。」
セルフストレッチング資料

加藤コーチ退任のご挨拶

加藤直樹コーチが、2月からジャイアンツの通訳に就任し、アカデミーコーチを退任することになりました。
加藤コーチは2017年1月に就任し、3・4年コースを担当しました。

<加藤コーチより>
皆さんこんにちは。突然ではありますが、ジャイアンツアカデミーコーチを1月いっぱいで退任することとなりました。
振り返ると、まさにあっという間に過ぎた2年間でしたが、新しい出会いと学びにあふれ、すばらしい経験をたくさんすることができました。kato_1
私はアカデミーコーチに就任する前は、中米のコスタリカで野球指導や野球の普及活動をしていました。コスタリカでは野球はマイナースポーツで、チームに所属している野球人口は、大人から子どもまで合わせても、ほんの1000人程度しかいません。しかし、野球をしているときの目はとても輝いていました。そして、日本に戻ってきてアカデミーの皆さんと接する中で、「野球が好きだ」、「野球が楽しい」という思いは、世界共通なのだと実感しました。アカデミーでの日々は、そんな目の輝きに囲まれて過ごすことができた、幸せな時間だったと思います。
2月からはジャイアンツのスペイン語通訳を務めることになりました。これまで皆さんの成長する姿をたくさん見ることができましたが、私もさらに成長していけるようにがんばっていきたいと思います。またいつか会える日を楽しみにしています。本当にありがとうございました。
kato_2

スクールレポート(松下舞子コーチ)

今週は雪の影響でスクールが中止となってしまい、大変残念です。私はお正月に実家でたくさん食べてしまったため、体重計に乗るのが怖い毎日なのですが、スクールが中止だと運動量が減ってしまい、ますます危険な状態になっていきます。
スクールができる日は、皆さんといっぱいからだを動かしたいです。

さて幼児コースでは、フライキャッチの練習も始めましたが、初めてやってみたときはどう感じましたか。「楽しそう!」「やってみたい!」と思えましたか?「怖い」「捕れるかなぁ…」と不安だった子もいたのではないのでしょうか。
私は初めてキャッチボールやフライキャッチをしたときに「怖い!」「捕れないよ」と思ったのを鮮明に覚えています。とにかく怖くて、ボールを捕る練習が嫌でした。ボールは自分に向ってきますし、フライの場合は重力で加速してきます。ですからボールが怖いと感じることは当たり前だと思います。
普段キャッチの練習をするときはティーボールを使いますが、ティーボールは少し硬く、重みがあります。これまでフライキャッチでは、導入時からティーボールで練習をしていましたが、やはり怖くて目をつむってしまう子や逃げてしまう子がいました。そこで今回はフライキャッチの導入にスポンジボールを使用しました。
練習手順としては、
①スポンジボールを素手でキャッチ
②ティーボールを素手でキャッチ
③ティーボールをグラブでキャッチ
201801_1
子ども達にとっては、グラブを使いこなすことは容易ではありませんので、まずは素手でのキャッチがおすすめです。自分で投げたボールを素手でキャッチする「セルフキャッチ」も、もちろん効果的です。
201801_2
自宅や公園で練習をする機会があれば、是非フライキャッチもやってみてください。グラブを使わず、素手でかまいません。また、スポンジボールのような軟らかいボールがない場合は、作ってみてはいかがでしょうか?見開きの新聞紙1枚を大人のげんこつサイズに丸めて留めれば、軟らかい新聞ボールができます。
上手になるためにはまず「楽しい」「できた」を経験させることが大切です。自宅でも簡単な遊びを通じて、上達につなげていただければ幸いです。

2月の中央月島スクール会場・開催時間について

2月のスクール会場・開催時間が下記の通り確定致しました。

2月7日(水)、14日(水)、21日(水)
【幼児コース】 14:30~15:30
【1・2年生】 15:00~16:00
東京海洋大学 越中島キャンパス 野球場
【3・4年生】 16:30~17:30
【5・6年生】 17:30~18:30
東京海洋大学 越中島キャンパス 体育館
室内用シューズをご用意ください。

2月28日(水)
【幼児】 14:30~15:30
【1・2年生】15:00~16:00
【3・4年生】16:00~17:30
【5・6年生】16:00~17:30
全コースとも東京海洋大学 越中島キャンパス 野球場

藤本コーチのご紹介

1月より、昨年までスカウトを務めた藤本茂喜氏が新たにコーチに就任しました。

fujimoto
藤本茂喜(ふじもと・しげき)
明徳高-巨人-巨人軍球団職員

スカウトとして、若い選手を数多く見てきました。これからの時代を担う子どもたちと、一緒に野球ができることがとても楽しみです。よろしくお願いします。